最新情報

学会の紹介

入会案内

会則

学会誌 名古屋地学

投稿規定

学術大会

例会

問い合わせ先



投稿規定


名古屋地学会投稿規定

1. 原稿執筆上の注意
  A. 原稿はワープロで作成し,それを電子メールを通して,もしくはCD-R等の電子媒体によって提出する。
   ※ 本文のテキストファイルおよび図(写真)等の画像ファイルを同時に提出する。
   ※ 書式その他については,会誌50号(記念号)以後の様式とする。
  B. 化石名など特殊の書体(イタリック等)を必要とする場合はその旨指定する。
  C. 文章は平易,かつ簡潔にまとめる。
  D. 文章の内容と図表との関係を明確にすること。図表には“図1”,“表1”のように番号をつける。
  E. 文章に用いる漢字はなるべく当用漢字,かなづかいは現代かなづかいとする。
  F. 図(写真)等の画像ファイルは高解像度のものを提出する(300 dpi 以上)。。
  G. 図を手書きで作成する場合は白紙,青けい方眼紙またはトレーシング紙を用い,黒インキで濃くはっきりと描くこと。なお,刷り上がりの大きさの2倍程度に描くのがよい。
  H. 引用文献は本文の最後尾にまとめる。文献の並べ方は著者名のアルファベット順とし,同じ著者のものが2つ以上あるときにはその中での出版年の順,更にその同一年に2つ以上ある場合は,年の次ぎにa, b, c, ・・・を付けて区別する。

2. 原稿投稿上の注意
  A. 原稿の長さは図・表などを含めて刷り上がり10頁以内とする。写真図版1項は2頁分,折り込み図版1頁は4頁分としてこの制限にいれる.10頁を超える場合は役員会の了解を必要とする。
  B. 別刷りの費用は著者が全額負担する。
  C. 掲載された論文は,発行から約1年経過の後,名古屋地学会のホームページで公開される。